(40) なぜ輪廻してしまうのですか(2002.2月)
 「私は何のために生れてきたんだろう?」
「一体私は何のために生きていかないといけないんだろうか?」
というよく耳にする問いかけと、
「私達はなぜに輪廻転生して生まれてきてしまうのか?」という問いかけ。
二つは、似ているようで大きく違うように見える。

そういうわけで、釈迦尊が非常口へ案内するのです。
ビッグバンからビッグクランチへ宇宙は変化する。またビッグクランチからビッグバンまで。それはほっておきましょう。
こころには欲があるから、渇愛がるから、執着があるから、思考し続けるのです。
こころも宇宙的な法則ですが、個人と言うのはそのこころですから、そこで、個人に努力してその流れにストップをかけることができるのです。
 
 中途半端な実践ででも「怒り、憎しみ、悩み、嫉妬、欲」などの思考の流れが一時的にでもストップになってくれると、楽しいのです、楽です、平安です、落ち着きます、燃えていた火が消えたような気がします。
 
このような経験が積み重なると、じわじわと、こころの流れの完全なストップが最高な安らぎであると納得します。
そこまで、否応なしに輪廻転生することですね。
ありがとうございます。

 一見ドライなようで、とても静かな優しさを文面から感じる。
日本でテーラワーダ仏教を広めておられるスマナサーラ師についてはいろんな意見があるけど、
こういう質疑応答を読んでみると、一度話を聴きに行くのもいいかなと思う。