本日、いつものようにお昼に靱公園で散策しながら野鳥を探して回った後、公園を出てすぐのところに黒いピックアップトラックが止まっていました。

そのトラックの前で、お姉さんが数人立っていて、服装を見ると全員同じ格好。
何かのキャンペーンかなぁと思っていると、前を通るタイミングでお姉さんに声をかけられました。

立ち止まって話しを聞くと、「モンスターエナジー」というドリンクのキャンペーンのようです。

アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本

アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本

  • 出版社/メーカー: アサヒ飲料
  • 発売日: 2012/05/08
  • メディア: 食品&飲料
  • 購入: 1人 クリック: 57回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る

飲んだことありますかと聞かれ、これまでに一度も飲んだことがないと正直に答えたところ、味見のための試飲用として、商品をまるまる1本くれました。
f:id:KEN-S:20170609224918j:image

かなり太っ腹なキャンペーンだなぁと思いつつ、せっかく頂いたので、飲んでみようかなぁと。

実際に、「リポビタンD」などの栄養ドリンクは疲れている時や病み上がりの時など、過去に飲んだことがありますが、エナジードリンクというのは全く飲んだことがありませんでした。

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

  • 出版社/メーカー: 大正製薬
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

過去に何度か、新しいブランドの商品が登場した時に飲んでみようかなぁと思ったら、値段を見て躊躇してしまって・・・
栄養補給のためなら、栄養ドリンクの代わりに飲むということもあるのかもしれませんが、どうもそういったものでもなさそうですし・・・
個人的にはエナジードリンクというジャンルの飲み物は、果たしていつ飲むのが正解なのか、よく分からないドリンクという印象です。

今回、頂いたのはこちらの商品。
「モンスターエナジーアブソリュートゼロ」というエナジードリンクだそうです。

アサヒ飲料 モンスターアブソリュートリーゼロ 355ml×24本

アサヒ飲料 モンスターアブソリュートリーゼロ 355ml×24本

  • 出版社/メーカー: アサヒ飲料
  • 発売日: 2013/05/09
  • メディア: 食品&飲料
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

100mlあたり0kcalなので、これ1本(355ml)でカロリーは0kcal。
f:id:KEN-S:20170609224939j:image
エナジードリンクですか、カロリー0です。
「エナジー」とは「エネルギー」のことではないんでしょうか?
個人的には、エネルギーが0kcalのエナジードリンクは、どことなく存在意義を自己否定しているような商品に思えてしまうのですが・・・

カロリーを0に抑えるのには、かなりの苦労をされたそうです。
f:id:KEN-S:20170609225018j:image

プルトップにもマークが入ってます。
f:id:KEN-S:20170609225113j:image

さっそく開栓して飲んでみました。


味としては、なんとなくオロナミンCやデカビタCのような感じの味でした。
甘みと後味が、かなり近い感じで、大量に飲むのはちょっときついかなぁと。

お茶のようにたくさん飲めるというような感じではありませんね。
そういう意味では、250mlぐらいがちょうどい量なのかもしれません。

飲んだ後の微妙な後味が、個人的にはイマイチ好きにはなれないなぁと思っていたら、中にはやはり人工甘味料が含まれておりました。

そのため、250mlという量でありながら、1本飲むのに結構時間がかかってしまって、せっかく冷たい状態でもらったのに、飲んでいるうちにぬるくなってしまいました。

そして、そのぬるい状態で飲むと、今度は妙な酸味を感じるようになります。
その酸味がどことなく果実酢のような、ツンとした強い匂いがまざってきて、最後の一口を飲む時には、思わずむせてしまいました。

ミツカン リンゴ酢(ペットボトル) 1.8L

ミツカン リンゴ酢(ペットボトル) 1.8L

  • 出版社/メーカー: ミツカン
  • メディア: 食品&飲料
  • 購入: 3人 クリック: 20回
  • この商品を含むブログを見る

無料で試飲用としていただきましたが、本当に申し訳ないのですが、個人的にはこの味ではもう一度飲みたいとは思いませんでした。

息子なんかはたまにエナジードリンクを飲むようなので、好きなのかもしれませんが、私はちょっと好きにはなれない味でした。